近海郵船 > きんゆう便り > > 金刀比羅宮安全祈願

KYK LETTER

  • 本社より

金刀比羅宮安全祈願

金刀比羅宮安全祈願

 9時、気温14度、例年より暖かい中を宿泊所を出発し、

金刀比羅宮本宮へ。

バス通りを歩き表参道へは右に折れるのだが、ここで注意

が必要。駐車場を横切ればショートカットできるのだが、

そこは通らず、表参道には直角に入る。以前、ショートカ

ットした年に海難事故に遭い、それ以来の仕来りだ。

100m程進むといよいよ785段の始まり、ビルに例えると

1階(3m)=16段として約50階分。

本当は786段あるのだが、786(なやむ)は縁起が良くな

いということで途中の本宮手水舎に1段下りるところがあ

るとのこと。

難所が2か所あり、150段辺りの一ノ坂と650段からの本

宮へ向かう最後の坂。その坂を上り切った時には汗びっし

ょりで息が上がる。年々、きつくなってくる。

社務所にて安全祈願とお神楽の申し込みを行うと、昨年ま

では床に着座であったが、受付の巫女さんから「椅子を用

意しますか。」とのありがたいお言葉があり、「お願いしま

す。」と即答。

長年の参拝で格が上がったのか、年齢が上がった為なのか?

 

暫し休憩の後、寒風厳しい本殿に上がると汗も一気に冷め

毎年のことながら寒さで身が縮む。

 

グループ会社の商売繁盛と運航船舶の安全祈願を行い、そ

の後、お神楽を奉納。

琴、笛、謡に合わせて2人の巫女さんがゆっくりと舞う。

昨年までの舞とは違い巫女さんの動きが少し多いような気

がする。これも令和バージョンか。

最後にお神酒をいただき、無事安全祈願が完了。

お神楽の最中に風が吹くのは吉兆とのこと。

今年は、3回吹いたので、きっと良い年になるだろう。

 

<金刀比羅宮>

香川県琴平山の中腹にあり、主たる祭神は、大物主神

(おおものぬしのかみ)と崇徳天皇。

農業、医療、海上守護の神として古来から御神徳が仰がれ

ている。

(金刀比羅宮HPより抜粋)

 

  • 札幌支店より

日本最北の政令指定都市 札幌より

  • 敦賀営業所より

歴史ある敦賀の街

  • 沖縄事務所より

美ら島沖縄からめんそーれ

※「きんゆう便り」は当社従業員によるブログ日記です。
発信する情報は、必ずしも当社の公式発表・見解をあらわすものではありません。
公式発表・見解は、ニュースリリースをご確認ください。

近海郵船

page top