ホーム > ニュース一覧 > 45フィートコンテナの公道輸送が始まりました

45フィートコンテナの公道輸送が始まりました

宮城県が国から構造改革特区として認定されたことを受け、日本で初めてとなる45フィート国際海上コンテナの公道輸送が始まりました。

9月15日、宮城県内の工場から公道を通行して仙台塩釜港高砂コンテナターミナルに搬入された45フィートコンテナ13本は弊社運航船はるかぜ≠ノ積載され、東京港大井埠頭へと輸送されました。

東京港では大型コンテナ船に積み替えられ北米へ輸送されます。

仙台塩釜港荷役中
川崎入港
川崎荷役中