ホーム > 会社概要 > 行動指針

行動指針

当社は経営方針及び行動基準を次の通り定めています。

経営方針

  1. 海運事業者及び物流事業者としての社会的使命を自覚し、安全且つ優良なサービスを提供し、顧客の要望に謙虚に耳を傾け、その期待と信頼に応えられるよう、たえざる企業努力を行い、社会・顧客・株主・従業員と共に繁栄することを旨とします。
  2. 法令及び規則を遵守し、社会規範、企業倫理に照らして公正かつ透明性の高い善良な企業活動を行います。
  3. 船舶及びその他総ての運送の安全を最重要な課題として取り組み、事故が起こらないよう安全対策の充実及び強化を図ると共に、安全の技術向上に努力します。同時に、環境問題にも意を尽くし、地球環境保全にも貢献できるよう努力致します。

行動規準

  1. 社会の一員であることを自覚し、正義と公正を旨として、法令及び社内規則等を遵守し、社会規範及び企業倫理に基づき、善良なる管理者としての注意義務を尽くして行動します。
  2. 他の役職員のコンプライアンスに違反した行為を見逃したり、隠蔽したり致しません。
  3. 業務上求められる守秘義務を遵守します。
  4. 社会通念を逸脱するような過剰な接待、または贈答の接受は慎みます。
  5. 公私を明確に峻別します。会社の所有する事務機器や事務用品、システム等を個人的な目的で使用しません。
  6. 個人の人格を尊重し、差別の無い社会、公正な職場環境の醸成に努めます。すべての人々の人格、人権を尊重し、いわれなき差別、ハラスメントなどの行為は行いません。
  7. 市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切与せず、断固として対決致します。
  8. 社内外での行動、言動に充分配慮し、近海郵船の社員であると同時に日本郵船グループの一員としての自覚と品位を保つよう自らを律します。

事業継続基本計画(BCP)

安全輸送