ホーム > 会社概要 > 行動指針 > モーダルシフトについて

モーダルシフトについて

環境にやさしい物流

文化の発達とともに人類による化石燃料(石油・石炭・天然ガス)の消費が増えましたが、そのために二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量が増加したことから、現在において地球温暖化問題が世界的な課題となっております。

モーダルシフト

運輸部門での地球温暖化対策として、トラックでの長距離幹線輸送方法をより低公害で効率的な船舶や鉄道へ転換していくという方法で、国土交通省が推進している我が国の重要施策の一つです。

地球温暖化

人々が石油・石炭・天然ガスなどの燃料を消費する際、二酸化炭素が空気中に排出されます。この二酸化炭素など温室効果ガスと呼ばれる気体が増えると、地球の平均気温が高くなっていくことが予測され 、海水位の上昇・自然災害(台風)の増加・生態系の変化・害虫の増加などが発生、懸念されています。

なぜモーダルシフトか

温室効果ガスを減らす為には、燃料の消費を抑える事が必要ですが、運輸部門で有効なのは、輸送手段の二酸化炭素排出量を比較し、活用する事です。運輸部門の二酸化炭素排出量は日本国内全体の約20%ですが、その内の90%を自動車が占めていますので、海上輸送の大きなメリットは、二酸化炭素排出量抑制の為に「長距離幹線輸送の一括大量輸送」が可能となる事です。このモーダルシフトを推進する為には関係業界の積極的な取り組みが不可欠です。

その他の効果

トラックに過剰に依存することが無くなり、幹線道路の混雑解消とドライバーの長距離運転からの解放による事故防止効果が考えられます。

環境にやさしい内航海運(日本内航海運組合総連合会発行:内航海運の活動・平成19年度版より引用)