ホーム > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革

平成15年10月
近海郵船物流株式会社が日本郵船株式会社の100%出資により設立されました。
平成15年12月
近海郵船株式会社より定期航路事業及び一貫輸送事業等の営業譲渡を受けました。それと同時に、東京/苫小牧航路を開設致しました。(不定期・専用船事業及び船舶管理事業はパシフィック・マリタイム株式会社に営業譲渡されました。)また、永年親しまれていた「近海郵船」「KYKLINE」のトレードネーム及び近海郵船株式会社の社旗は、近海郵船物流株式会社が引き継ぎました。
平成16年4
東京/那覇航路(直行便)を開設しました。
平成16年4月〜平成16年8
東京/苫小牧航路を2隻体制(週4便)にしました。
平成17年4
東京/那覇航路(直行便)を休止し、東京/大阪/那覇航路に統一しました。
平成18年9
東京/苫小牧航路と東京/釧路航路を東京/苫小牧・釧路航路とし、兼営と致しました。
平成19年1
常陸那珂/苫小牧航路の充実を図るため、「新北王丸」を「げんかい」に代替致しました。
(川崎近海汽船株式会社とのスペースチャーター共同運航)
平成19年4
昭和47年4月より運行した釧路航路を休止し、さらに苫小牧航路を充実させました。
平成20年4
北海道地区の業務を近海郵船北海道株式会社に委託致しました。
平成21年8
東京/苫小牧 航路を休止し、常陸那珂/苫小牧 航路を1日2便に増便致しました。
平成25年4
当社商号を「近海郵船株式会社」に変更致しました。なお現在の運営航路及び就航船は次の通りです。
航路名 隻数 船種 合計総トン数
敦賀/苫小牧 3 RORO船 33,571t
常陸那珂/苫小牧 2 RORO船 16,697t
東京・横浜/仙台 1 CTNR船 749t
東京/大阪/那覇 1 RORO船 9,813t
巻取り紙専用船 1 RORO船 9,858t

平成15年10月以前の情報は、「近海郵船の前身」をご覧ください。